ニュース

ニュース

お役立ちコラム/税金関係

「配偶者居住権」が創設されます

2018年08月11日

高齢化社会の進展に対応し、相続制度を約40年ぶりに大きく見直した「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(改正民法)が7月6日の参議院本会議で可決、成立し、13日に公布されました。施行日は2019年7月までの間ですが、一部内容については段階的に施行されます。配偶者居住権については2020年7月までに施行することとなっています。

改正民法の大きな柱は、相続が発生した際、残された配偶者が終身自宅に住み続けられる「配偶者居住権」の創設です。遺産分割の選択肢の一つとして、自宅を子供と共同で相続した場合や所有権が第三者に移転した場合でも、配偶者の住む権利は保障されます。
同制度創設の背景として、残された配偶者が居住権を確保するために自宅の所有権を相続した場合、現金などは他の遺産の取得分を減らさざるを得ず、その後の生活に不安を抱えるケースなどがありました。そこで同制度では、自宅所有権に比べて評価額が低くなる居住権のみを取得することで現金などの相続分を増やすことができ、住む場所と生活費への不安の双方の解消を図っています。
併せて、相続開始から遺産分割の終了までの間も、残された配偶者が無償で自宅に住み続けられる「配偶者短期居住権」も新設されました。
また遺産分割に関しては、「持ち戻し免除の意思表示の推定規定」も設けました。婚姻期間が20年以上の夫婦間で居住用不動産の遺贈または贈与がされた時には、その不動産を「遺産の先渡し」としては扱わず、原則として遺産分割の計算対象から外します。こちらも、被相続配偶者の意思を尊重すると共に、残された配偶者の住まいと生活の双方を守るための制度と言えます。

加えて、これまですべて自筆と定められていた「自筆証書遺言」の方式を緩和し、パソコンで作成した目録や銀行通帳のコピー、不動産の登記事項証明書などを目録として添付する形も認めました。
更に遺言書については、同日に「法務局における遺言書の保管等に関する法律」(遺言書保管法)も成立しました。
そのほか同改正法では、「仮払い制度の創設」「遺留分制度に関する見直し」など、多岐にわたって規程の見直しや制度の新設を行いました。
なお、法案審議の過程では「事実婚や同性カップルなどの間の相続に対応していない」(立憲、6月19日衆議院本会議)といった意見もあり、施行にあたっては「性的マイノリティなど様々な立場の人が遺言を事前に相談できる仕組みの構築」など、4項目の附帯決議がなされています。

23区内だけでなく1都3県ご対応できます

0120-087-450

WEBからのお問合せはこちら

住まいのテーブルセミナー

なにから始めていいかわからない  ,住宅ローンの組み方がかわからない,不動産の相場がわからない

more

お客様の声

スタイルシステムをご支援いただき、お付き合いいただいているお客様の声をご紹介させていただきます。

more

恵比寿、代官山、広尾、中目黒、白金エリアに密着!
手作り中古マンション紹介サイト

レジデンシャルアドバイザーによる住宅購入前の 来社型相談カウンター