2022.04.11

不動産の購入

不動産の簡易査定を利用するメリット・デメリット【よくある質問も紹介】

「不動産を売却したい」「自分が持っている土地はいくらで売却できるんだろう?」と考えたときに利用すべきなのが不動産の簡易査定です。不動産の簡易査定とは、評価額を知りたい土地の情報を入力すれば、土地の売却相場がわかるサービスです。

不動産の査定をしてもらうときには、不動産会社の方や不動産鑑定士が現地まで行って行うイメージをお持ちかもしれません。しかし不動産の簡易査定ならインターネット上で匿名で利用できます。査定結果を確認してから、本格的な売却活動に移りたいと考えている方にもぴったりのサービスです。
本記事では、不動産の簡易査定の特徴や利用時のメリット、注意点を紹介していきます。

不動産の簡易査定とは?

image5

不動産の簡易査定とは、名前のとおり土地や建物の売却相場を簡単に調べる査定方法です。不動産の簡易査定では、実際に不動産会社の担当者や不動産鑑定士が土地の状況を確認しないで、物件情報や近隣エリアの過去の取引相場をもとにして、査定金額を算出します。不動産の簡易査定で使用される情報は主に以下のとおりです。

・不動産の所在地
・建物の場合は建築構造や築年数
・土地面積
・近隣エリアの過去の取引実績
・近隣エリアの公示価格

これらの情報をもとにして、簡易査定ではざっくりとした査定金額を計算してくれます。簡易査定を利用する際に、不動産の所在地を細かく入力する必要はありません。市区町村や町名を入力すれば査定を行ってくれるので、匿名で不動産の価値を調べたい方の利用にも向いています。

簡易査定と訪問査定(現地査定)の違いは?

不動産の査定を行うときには、大きく分けて以下の2種類の方法があります。

1.簡易査定
2.訪問査定(現地査定)

簡易査定とは先ほど解説したように、現地で土地や建物の状態を確認せずに与えられた情報のみで査定結果を計算する方法です。現地で査定を行わないので、簡易査定は机上査定とも呼ばれています。
それに対して、訪問査定とは不動産会社の担当者や不動産鑑定士が実際に査定を行う土地や建物の状況を確認して評価額を計算します。訪問査定は土地や建物の現物を確認するので、より具体的な査定結果を算出しやすいのがメリットです。

不動産簡易査定を無料で行う方法

image1

不動産の簡易査定はインターネット上で気軽に行えます。自宅や職場などで思い立ったときに、簡易査定の依頼をすることができますよ。更に簡易査定の多くは無料で行うことが可能です。不動産の簡易査定を無料で行う方法を確認していきましょう。

不動産会社に依頼する

簡易査定を行った後は、不動産の売却も検討しているのであれば、売却を仲介してもらいたい不動産会社に簡易査定の依頼をするのが良いでしょう。不動産売却の仲介をするにあたり、査定は必要不可欠なので、多くの不動産会社では無料で査定を行ってくれます。ただし本格的な売却活動に移る際には、訪問査定を求められるケースが多いです。相続した土地を売却したい場合などのように、自宅と売却予定の土地が離れていて査定の立会いが難しい場合にはまず簡易査定を利用するのが良いでしょう。

匿名・無料の不動産簡易査定サイトを使用する

最近ではインターネット上で必要情報を入力すれば、不動産の簡易査定を行ってくれるサービスがあります。不動産の売却や買取情報を取り扱っている不動産簡易査定サイトであれば、数十秒から数分程度の情報入力で査定結果を計算可能です。更に不動産簡易査定サイトの多くは、そのまま売却活動に移れます。不動産簡易査定サイトを利用すると、その地域の不動産会社を紹介してもらえます。売却したいけど、信頼できる不動産会社が見つからない場合には簡易査定サイトで査定もしてもらいつつ、不動産会社選びをするのがおすすめです。

SUMiTAS
HOME’S

不動産簡易査定サイトの中には、匿名での査定ができるサービスもあります。「不動産会社からの営業電話が来たらどうしよう」と不安な方や売却するかまだ決めきれない方は、まずは匿名で利用できるサイトを使ってみてはいかがでしょうか。

不動産簡易査定のメリット

image4

不動産の簡易査定は、訪問査定と比較して気軽に利用でき、メリットが大きいです。不動産の簡易査定を利用するメリットを詳しく確認していきましょう。

インターネットからすぐに査定できる

不動産の簡易査定は、不動産会社と直接やり取りすることなく、インターネット上で気軽に申込み可能です。不動産簡易査定サイトで必要情報を入力すれば、すぐに査定結果を受け取れます。

・不動産会社と連絡を取るのは面倒
・自宅や職場でのスキマ時間で査定をしてもらいたい
・とにかく簡単に査定結果を受け取りたい

このように考えている方は、まずは簡易査定でお手持ちの不動産の売却相場を調べてみるのがおすすめです。

売却活動に移る前に相場感が身につく

不動産の簡易査定サイトを利用すれば、査定依頼をしたエリアの不動産を取り扱っている複数の会社が査定結果を計算してくれます。そのため簡易査定を利用すれば、複数の不動産会社で相見積もりを気軽に取ることが可能です。本格的な売却活動に移る前や仲介先の不動産会社を選ぶ前に「自分が持っている土地や住宅を手放したらいくらになるんだろう」といった相場感覚を身につけられます。

無料で不動産査定を受けることができる

不動産の査定は本来であれば、費用がかかります。不動産鑑定士に土地の評価を依頼すると、土地の形状や広さにもよりますが鑑定書の発行も含めて20~30万円の費用がかかるケースも多いです。それに対して、不動産の簡易査定であれば無料で評価額を計算してもらえます。簡易査定は名前のとおり、査定を行う土地や住宅の状況を確認せず、土地面積や住所などのデータをもとにして査定を行う方法です。査定にかかるコストが抑えられるので無料で査定を受けられる点が魅力といえるでしょう。

不動産簡易査定を受ける際のデメリットやトラブル・注意点

image2

不動産の簡易査定は非常に便利ですが、利用するにあたってデメリットや注意すべき点もあります。簡易査定を利用するときのデメリットや注意点を、対処法とともに確認していきましょう。

簡易査定後に営業連絡が来る場合がある

不動産の簡易査定後は、不動産会社から土地や建物の売却に関する営業電話やハガキが届く場合があります。不動産会社の多くは、無料で簡易査定を行った後、売却活動のサポートや仲介を行うことをビジネスモデルとしているからです。不動産会社は売買を成立させて、仲介手数料を受け取らないと売上が発生しません。そのため簡易査定を行った人を顧客としてリストアップして、営業電話を何度もかけてくる場合があります。売却の予定がない場合には、はっきりと営業電話を断ってしまうのも良いでしょう。また不動産会社に直接、査定依頼をしたのではなく、不動産簡易査定サイトを利用した場合でも、不動産会社から営業電話がかかってくるケースがあります。不動産簡易査定サイトは以下の仕組みで査定を行っていることが影響しています。

1.不動産簡易査定サイトに利用者が情報を入力する
2.入力された情報をもとに対象エリアの不動産会社が簡易査定を行う

このように簡易査定サイトを利用したとしても、実際の査定は不動産があるエリアの不動産会社が査定を行っています。そのため売却の仲介を求めて何度か営業電話がかかってくる可能性があります。もちろん、売却予定がないのであれば営業電話に応じる必要はないですし、あまりに電話がしつこいのであれば、利用した査定サイトに「営業電話がしつこくて困っている」と問い合わせをするのも良いでしょう。

簡易査定は概算のため実際の売却金額と乖離する場合がある

不動産の簡易査定は、査定予定の土地や建物の現物を見ずに、土地面積や建物の構造などの情報をもとに査定を行います。そのため実際に不動産を確認して査定を行う訪問査定よりも査定結果の精度が落ちてしまう可能性があります。不動産の査定結果=売却可能金額と思ってしまうと、思っていたよりも高値で売れなかった場合に、計画が崩れてしまいますので注意が必要です。
また、仮に訪問査定を行ったとしても、査定金額=売却金額ではありません。不動産取引は売手と買手の条件交渉によって、取引価格が決まります。査定結果がいくら良かったとしても、購入希望者が見つからない場合には売値がつきませんし、売却希望額や条件を下げる必要があるかもしれません。実際に不動産を高値で売却したいのであれば、信頼できる不動産会社を見つけて、積極的に売却活動を行っていくのが良いでしょう。

不動産簡易査定についてのよくある質問

image3

最後に不動産の簡易査定を利用するにあたり、よくある質問を回答とセットで紹介していきます。

簡易査定後の流れ・調査項目は?

不動産の簡易査定の主な調査項目は以下のとおりです。

・不動産の権利関係
・建築基準法や都市計画法など法令上の制限
・電気や水道、ガスなどのライフライン
・管理状況(マンションのみ)
・土地の形状や高低差
・建物の構造や間取り、築年数
・周辺環境や施設、交通インフラ

もちろん一例ですので、査定を行う不動産会社によってはこれ以外の調査項目を設定している場合もあります。不動産の簡易査定では、利用者が入力した情報をもとに、不動産の状況や周辺状況の調査をする場合が多いです。また不動産の簡易査定を利用後は、売却を希望する場合には不動産会社にて購入希望者との仲介をしてもらうのが一般的です。査定結果を受けて売却を希望しない場合には、特に何もする必要はありません。

不動産簡易査定の所要時間は?

不動産の簡易査定を行う際には、必要情報を入力するだけで完了します。利用する不動産簡易査定サイトにもよりますが、数十秒から数分程度の情報入力で査定申込みが完了する場合が多いです。不動産査定サイトを利用して、実際に査定結果を得られるまでには数時間から数日程度かかります。不動産査定サイトを利用して、査定結果を調べるときには、申込みしたエリアの不動産貸家が査定を行う仕組みです。そのため査定を申し込んだ不動産の所在地や近隣エリアの取引状況によっては、査定結果を受け取れるまでに時間がかかる場合もあります。簡易査定後にすぐ売却手続きに移れるわけではないので、時間に余裕を持って、簡易査定を利用するのがおすすめです。

簡易査定を賢く利用するコツは

簡易査定は無料かつ手軽に利用できるのがメリットです。メリットを最大限に活かすためにも、複数の不動産会社で査定を行うようにするのが良いでしょう。不動産会社によって、査定結果には違いがあります。信頼できる不動産会社や経験やノウハウ豊富な担当者と出会うためにも、複数の会社で相見積もりをしてもらうのがおすすめです。
また不動産の簡易査定では、土地や建物の状況を確認せずに申込み者が入力した情報をもとに、査定金額を計算します。正確な査定結果を得るためにも、入力情報は正確に記載するようにしましょう。

不動産査定も対応!お金と住まいのプロに相談しよう

不動産の簡易査定は無料かつ手軽にできる一方で、その後の売却活動のことまで考えると信頼できる不動産会社に依頼したいものです。また本格的に売却活動を始めるのであれば、簡易査定だけでなく土地や建物を実際に確認して査定結果を出す訪問査定を行っておくと安心ですよ。不動産の査定を検討中の方は、ぜひスタイルシステムにご相談ください。スタイルシステムの特徴は以下のとおりです。

・机上査定・訪問査定(現地査定)にも対応可能
・何度でも相談無料
・対面ならではの細やかなご案内で理解度アップをサポートします

住宅ローンの返済が難しい方や管理をし続けるのが難しい土地を相続してしまった方など、不動産の売却を検討中の方は、一人で悩まずにまずはお気軽にお問い合わせください。

CONTACT 住まいの無料相談

一番上に戻る